KHCの

KHC( https://twitter.com/we_can_panic )が140字を超えるツイートをするところ

今日の日記

やります。時間不定だから予約投稿とかで揃えようかな……

  • 今日は部屋の片付け、衣替え、zoom飲みをしました。 本を読むとかの活動は一切行っていない。これは「充実した一日」と言っていいのか?

  • zoom飲みでは、白岳と獺祭の焼酎を飲みました。焼酎が一番度数が丁度いい。(獺祭の方は40度とかだけど)

  • 明日は本を読んだりアイナナをしたりします。神話イベはちゃんと回りたいな。

今日の日記

書くぞ

今日在宅勤務だけどまあまあきつかった

昨日は出社して身体を動かす仕事したけどそれ以上に。
体力の代わりに精神が消耗してるのかもしれない。 (普通に座りっぱなしだったからかもしれないが……)

椅子買いたいけど今の椅子がゴミになっちゃうのが嫌だな。処理が面倒だから。

あと今日は本を読んでない。
読書と在宅勤務との両立って難しい

今日の日記

書くぞ。続けることが大事だから。

今日出社したんだけどいつもより喋る量が増えて楽しかった。疲れるから週一位の頻度で楽しみたいエンタメだけど。
あとgwを経て本を読む量が増えたので電車の体感時間がかなり短くなった。

khcは本棚(電子書籍)を「小説」「学び」「マンガ」「考えずに読むやつ」に分けて、その時の気分によって本棚を切り替えて本を読んでる。
今日は学びたい気分だったので反出生主義の本を読んだ。
英語でアンチナタリズムって言うんだって。かっこい。
反出生主義もいろいろな分類があって、例えば生まれた以上それを無かったことにはできないので生きるべきか、それとも今すぐ死ぬべきか、とか、反出生の対象は自分のみなのか他の人もなのか、対象が自分だとしても根底にあるのはこれまでの人生の悔恨なのか生そのものへの否定なのか、とかただの逆張りじゃなく深くまで考えられてて、また色んな時代の人が考えてる比較的メジャーな思想(問題?)らしい。

反出生主義について説明する本を1/3くらいまで読んだ時点の感想だけど、なんか話が極端に振れてるイメージ。
生の否定だから振り切らないとなかなか出ないような結論ではあるけど……
でも考え方は筋が通ってるし理論展開も俺が好きな感じのが多くて面白くはある。

死について考えるのって中学生みたいだけど「反出生」っていう箔みたいなものがついたら協調性が育たなかったヤバい大人みたいでクールじゃないですか?(反出生主義初心者の感想)

~~~

あと取引先の会社がツイッターで繋がってるの見てほっこりした。

今日の日記

  • 本を読んだ。

    • 哲学の本とOS自作の本。
    • 哲学はマルクス・ガブリエルの「「私」は脳ではない」。
      • 我々はいわゆる科学思想のみでは世界の正しい姿は理解できない。そういう意味で今の科学一辺倒の思想は間違っている、という論調。
        • 例えば数字や、学問の理論はそれそのものが物理的には存在していないが、「存在しないものである」とは言わない。一般に認識している物理世界以外の世界も無数に存在しているのだ。
        • この思想はエキサイティングだと思った。世の中のすべての事象を網羅しているし矛盾が生まれない。物理学的な捉え方よりも正確に物事を認識できると思う。
      • ただ、序盤に出てきた「精神は脳の活動の1つではない」という主張が先入的に受け入れられず読む手を止めてしまった。
        • これは俺の問題なので明日またチャレンジします。
      • 脇道にずれるけど現在の社会が「1984」という監視社会的なディストピアを書いた作品になぞらえられていて、村上春樹の「1Q84」ってこれが元ネタなんだ、と思った。(「IQ84」かと思ってた)
    • 他にもそれ関連の本を読んだ。「センスメイキング」
      • 問題解決は決して普遍的な教養のみでは成し得ず、そのドメインに深く入り込んだ知識やノウハウが必要とのこと。
        • そしてドメインに深く入り込むには科学的な知識だけでなく、それ以上に、人文学的な素養が必須であるという。
          • 社会を理解するのは統計ではなくその社会のしきたりや雰囲気、人々の思想である。←確🦀
      • これは↑のマルクス・ガブリエルの論調にもあっている。
        • そもそもガブリエルさんの他の本に出てきたから読んでみたからだけど...
      • 「そうかも」と思っても厳密な論理展開は無かったから今ひとつ腑に落ちないような感じ。
        • ただし「厳密な論理展開」というのが既に科学ドメインの考え方かもしれない。水も漏らさぬロジックは必要ないのかも。もしくは読解不足とか。
    • OS自作の本は概略を眺めるだけで終わった。序盤中の序盤。
      • OSの役割や、何を作ればいいか、どうやって作ればいいか、のイメージはつかめた気がする
    • これはなぜかというと、OSを作る際に必須となるバイナリエディタを探すうちにChromeOSのセットアップに走ってしまったから。
    • ChromeOS面白い。
      • 純正Linuxが走る。Linux用のアプリも問題なく動く。
        • 日本語入力とかは設定するのに工夫がいるけどネットの資料も充実してる。
      • Androidアプリは代替がなければ使える、くらい。
        • 動かないやつもあるし、そもそもマルチタスクができなくてウィンドウがアクティブじゃないと処理が止まってしまう(バックグラウンドで動く処理はその限りじゃないけど)。ゲームには向いてない。
      • Chrome(ブラウザ)の拡張機能が思ったより充実していて、LINEやZOOMとかもできてPCとしては全然使える印象。
  • あとはカレー作ったりアイナナ読んだり...

    • アイナナは少し離れてたので2部中盤から読み直してそのまま2部読了。
      • 脚本が天才的。他のゲームのメインストーリーはゲームの方をやっていた方が楽しいから全然読んでないけど、アイナナは脚本目当てでプレイする価値がある。
      • 明日もやります。
    • カレーは玉ねぎと人参と牛肉としいたけで作った。おいしい。
      • 玉ねぎは焦げ付かないように水を入れて強火で処理すると早く飴色になる。すごい。

今日の日記

たこ焼きをした。
ホットプレートタイプのものを持ってるけど、火力が足りなくてプレートを直にコンロにかけた。すぐ焼ける。おいしい。

↑これたこ焼き器としては火力が足りず微妙でした(ホットプレート系たこ焼き器は全部そうだと思うけど)。



あと部屋の片付け。それと自分のピークタイムの把握。


部屋の片付けは特に苦にしてないけどその代わり散らかるのも苦にしてなくて、移動に気を使うようになったら片付けをすることにしている。
引っ越して2年めなので物は多くなくトータルで1時間程度で全部終わる。


ピークタイムは↓の本を参考にしたもので、
「自分のピークタイムを把握して効率的に仕事を割り当てるべし(意訳)」と書いてあったので実行している。 1時間おきに自分の「集中度」を記録したら、だいたい正規分布みたいな形のグラフが取れた。頂点は14時~16時ごろ。 綺麗な正規分布と組み合わせてみると(X軸が違うから厳密には違うけど)、12時から1, 2時間は理想値に比べ実測値が低くなっている。 これは昼食を食べたあとで集中力が低下しているのでは?と分析。
KHCの集中力はきれいな山なりです。

エンジニアのための時間管理術

エンジニアのための時間管理術





あと獺祭の焼酎を買って飲んだ。↓の動画で美味しそうだったから。


www.youtube.com

日本酒(獺祭)の風味が強いかな。
俺は獺祭の香りは大好き!って感じでもないので感想は「面白」だった。

でも美味しい。39度もあるのに日本酒然としてて飲みやすい、というか。
完全に日本酒の味ではなくて、獺祭の酒粕から作ってるんだけど、酒粕特有の風味がある。
この風味と獺祭の風味が合わさって独特の飲み心地になっている。

焼酎は日本酒よりも味の振れ幅が多くて面白いですね。
安いし。酔えるし。

日記をつけよう

GWで暇だから。

あと自分を客観的に見たい。
観察できるものの中で一番解像度が高いから。

↑この次元になると中二病のテンプレで知られる「趣味は人間観察」の凄さも分かる気がする。
自分を見つめるのと同じ精度で他人を分析できる能力が備わってる、みたいな。

俺ってもしかして短文しか書けん? まあ短文以外を書く事なんてないからいっか...